さいおん親子プラモクラブ

沖縄県那覇市で活動中の親子プラモデルサークルです。

*

今月の親子プラモクラブ中止の経緯について

   

プラモクラブの宮里です。

まず最初に、今月(2月)の親子プラモクラブが開催できず、直前で中止になり申し訳ありませんでした。

この日はほしぞら公民館で毎年恒例の「ほしぞら公民館まつり」が開催され、公民館のすべての部屋がまつりの会場として使われていたため、開催ができませんでした。

公民館まつりは、毎年恒例の行事であるうえ、数ヶ月前から告知されていたにもかかわらず、2月のプラモクラブがその日と重なっていることに気づくことができませんでした。

ほしぞら公民館でサークル活動しているサークルは、毎月会場の利用申請書を提出することになっています。

年間の定期利用申請しているサークルでも、毎月利用申請を提出して、公民館から許可をもらうことが決められています。

私も前月に、2月のプラモクラブの利用申請を提出しておりましたが、提出したことで安心して許可が下りたがどうかの確認をしておりませんでした。

2016-02-28 17.00.11

実際は、私が提出してすぐに、このような利用不可の回答があったのですが、この不許可の申請書は公民館内のサークル用私書箱の中に入ったまま今日まで残っていました。

公民館側からは、「重要なお知らせがある場合があるので、1週間に1回は私書箱を確認してください」と以前から言われておりました。

以前は最低でも月に2、3回は公民館に行っており、その都度、私書箱を確認しておりましたが、そのような重要なお知らせがそうある訳でもなく、また、過去に、このようなイベント事で公民館が使えないことがあった際は公民館の方から電話連絡がありましたので、すっかり油断しておりました。

最近は、公私ともに多忙で利用申請書提出するために公民館に行くことさえ難しくなっていたので、利用申請書を提出しただけで安心してしまいました。

本日、私が会場入りしてその事実に気づいてから、急いでLINEやメーリングリスト等で連絡し、このブログにも連絡させていただきましたが、いかんせん午後1時の10分前とかそのくらいの時間でしたので、ほとんど方が知らないままだったと思います。

会場入口で午後3時ころまで待って、来てくれた方々に直接説明してお詫びさせていただきましたが、それ以降に来てくれた方々、または公民館で私が見つけられなかった方々(この日は公民館まつりのため人がたくさんいて誰がプラモクラブに来てくれた方なのか見分けるのが困難でした)は、事態が飲み込めず困惑したものと思います。申し訳ありませんでした。

過去にもこのような失態があったにも関わらず、今回も同様なミスをしてしまい誠に申し訳ありませんでした。

今回が初めてではないので「今後はこのようなことがないようにいたします」などと、無責任な発言はできませんが、反省して今後の教訓といたします。

さいおん親子プラモクラブ 代表 宮里

 - お知らせ